保育目標
  • 心身ともに健康な子ども
  • 愛情深く思いやりのある子ども
  • 食物に感謝する心をもつ子ども
  • グローバル社会を強く生き抜く子ども

国内外の提携機関などの協力のもと、前頭葉発達が一番大切な0〜3歳までの
「ダブルスタンダードアプローチ」を実践する。

0歳 一人ひとりの生活リズムを大切にしながら、基本的な生活習慣の基礎を養うふれあいを大切に愛情をこめたエデュケアを目指します。
1歳 安定した保育者との関係のもと、自分でしようとする気持ちや意欲を大切にする。 絶えず見守ることで、おとなとの安定安心した関係を築くとともに、子供の自我意識の芽生え、好奇心、ものの認知の発達を促します。
2歳 安全で衛生的な環境のもと、心身ともに快適な生活を送る感情を受け止めつつ、個々の状態に合わせながら、他人、子供同士の関わりを大切にします。
3歳 保護者や友達と遊ぶ中で、自分のしたいこと言いたいことを行動や言葉で表現する、一人ひとりの子どもの興味や自発性を大切に、経験を通し自ら表現する気持ちが育つよう配慮していきます。
4歳 保護者や友だちと一緒に遊びながら、つながりを広げ、集団として行動が出来るようにする社会生活に必要な態度を身につけ、他者と目標達成する喜び得られる指導をします。
5歳 生活や遊びの中で一つの目標に向かい力を合わせて活動し、充実感・達成感をみんなで分ち合う。身近な社会や自然事象に興味や関心を持ち、発見したり考える楽しさを感じるとともに、自分らしさを大切にしながら生活に充実感を味わえるようにします。